酵素と酵母でダイエットの魅力に迫る

酵素ダイエットと酵母ダイエットっていったい何が違うの?という点は一度酵素を調べ始めた人なら考える疑問の一つです。厳密にいうとだいぶ違うのですが、市販で売られている酵母×酵素系のサプリが持っている効果はほぼ良い意味で同じだと思います。 名前も似ているので酵母の存在とはいったいなんなのか。酵素とは?を理解していきましょう。

酵素と相性の良い酵母とは?

よく酵素サプリの材料や製法をみていると特殊な酵母菌で作っていますという話を聞いたことがあると思います。酵母って酵素と字面がにているから、すらっと読み飛ばしてしまいそうですが、この違いって何なの?と思ったことはありませんか。

酵母菌は日本酒やビール、パンなどを作る時にも活躍する菌です。別名イースト菌などとも呼ばれます。伝統製法につかわれる酵母は家持ち酵母とよばれ日本酒だと木の樽の中にすみついています。それぞれが持っている酵母は長年をかけて作られたものでマネが出来ないと言われていますよね。震災などで蔵元の方が酵母だけは助かってよかった。こいつがあればなんとかあの味をまた作り出すことが出来るといったことをテレビで見ましたがそのくらい貴重なものです。

パンも酵母を使って発酵を促します。想像しやすいと思いますが手作りパンを作る時イースト菌をつかい一旦冷蔵庫で寝かせるという工程がありますよね。その結果どうなるか?何倍にも記事が膨らみ、ふっくらとするのです。

この現象は目に見えてわかりやすいですが、生きているという証になりますね。

酵素をつくる時もこだわりの酵母を使っているメーカーは多いです。酵母は糖質を好み発酵を促すのですが、特徴として熱に強いという素質をもっています。反対に酵素は熱に弱いのですが、イメージ的には酵母が酵素を作りし、さらに母の様に酵素達を包み込んでいるという役割を果たしているそうです。また酵母自体が酵素を作り出す働きがあると言われている為酵母を含んだ酵素は良いと一部の人には言われている理由になります。

違いというか酵母は色んなものを発酵させる役割を果たすもの。ドラゴンボールで例えるなら、ナメック星にいる最長老様がゴハンやクリリンの潜在能力を引き出す力をもっているのですが最長老様自体は戦闘力はない。そんなところでしょうか(笑) 

途中、ビールにも酵母がという話に触れましたが、ビールはプリン体で太るというイメージがありますよね。でもあれは、酵母の働きによって作られたビールが太るというだけであって、健康食品のビール酵母サプリなんかも売られていますが、ビール酵素サプリ自体はアミノ酸やミネラルの宝庫で健康的で人気のサプリでもあります。先ほどの最長老の例えをまた出すと、潜在能力を高めてみたら太るビールが出来上がったというところでしょうか(笑)

酵素とは?

それでは酵素とはに入っていきます。酵素の実態はなんなんだ?と私も何年も悩みましたが、酵素はタンパク質の一種と理解しています。酵素は数万種類存在すると言われていますがすべてたんぱく質。たんぱく質といっても色んな働きをするたんぱく質があります。例えばコラーゲンは肌の潤いを保つために良いとされているたんぱく質ですが酵素ではないというくくりになります。

ダイエット効果を求めるために騒がれている酵素の役割は消化酵素の手助けをする酵素といわれています。人体には酵素が10万種類もあるといわれていますので、未だにどの酵素がどういった働きをするのかは明確にされていないのではないかと思います。

一般的な栄養学であれば、たんぱく質は筋肉、髪の毛、肌、などの細胞を作り上げるために必要とされます。10万ある内のいくつかのたんぱく質(必須アミノ酸)の摂取によって筋肉を作るのは解明されていますよね。(完璧に解明はされていないでしょうけどある程度は)

プロテインを飲んで筋肉を作るのは割と簡単です。

酵素とは?謎に包まれている部分が多いものなのです。

Menu